« 学生証 | トップページ | ドコモダケ 電波妨害される »

2006年3月23日 (木)

白夜行 最終回

すごくハマった!

毎回、泣きながら観てました。

だって、雪穂と亮司があまりにも可哀想なんだもの。

「罪に罪を重ねて 可哀想もなにもないだろう」って
言われそうだけど、
子供の頃の心の傷だからさ
普通に成長した人間には理解できないような
辛さを抱えてしまったのかな・・
などと感じて

とにかく雪穂と亮司が可哀想で健気だった。

子役二人も良かったし、綾瀬はるかと山田孝之も良かった。

というか、キャスト全部良かった。

柴咲コウの歌も良かった。

全部、全部 良かったーーー!

明日、『白夜行』(本) 買ってきます。

原作とは別にドラマを堪能したかったから、
最終回を観終わってから 読もうと決めていたのです。

白夜行 白夜行

著者:東野 圭吾
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

白夜行 完全版 DVD-BOX

|

« 学生証 | トップページ | ドコモダケ 電波妨害される »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/70784/1140648

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行 最終回:

« 学生証 | トップページ | ドコモダケ 電波妨害される »